東日本大震災被災地を訪ねて

千葉県 旭市

【概要】

震災後2年目(2013年5月初め)に訪問したが、日没後となったため写真は撮影していない。旭市の九十九里海岸沿岸での津波高は標高7m、防潮堤を乗り越えた津波により国道沿いの住宅が流出し、死者13名を出した。

 

【視察報告】

震災後2年目(2013年5月初め)に茨城県神栖市波崎から銚子大橋を渡り銚子市に入り、銚子港、外川漁港、犬若漁港を巡り、旭市飯岡町に向かった。残念ながら飯岡町に到着する前に日没となった。ヘッドライトの灯りを頼りに被災地を視察、道路沿いの宅地に大きな被害が出ていることは確認できたが、撮影はしていない。