東日本大震災被災地を訪ねて

宮城県 女川町

【概要】

震災翌年(2012年4月末)、震災2年後(2013年4月末)に視察した。震災3年後(2014年)は通過したのみで視察はしていない。

女川町は、東は女川湾に面し、女川湾には出島がある。周囲は石巻市に囲まれおり、北は雄勝、南は牡鹿半島、西は万石浦である。津波は女川原発付近で浸水高が海抜13mであるが、5km離れた出島での遡上高は海抜40m近い。女川町中心部の津波浸水高は海抜18mで七十七銀行女川支店では2階屋上に避難した13名の職員の内12名が亡くなり、海抜16mの高台に位置する女川町立病院も2m浸水した。その後、津波は女川街道沿いに海抜20mまで遡上を続け万石浦へと超えていった。女川町全体の死者・行方不明者は850名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は女川町を訪問していない。

 

震災翌年(2012年4月末)は石巻市雄勝から国道398号を通って女川に入った。対岸から見た女川町中心部はほぼ壊滅の状態である。ただ、女川町立病院は1階が浸水したとはとても思えない高台にあって機能を維持、小中学校も高台にあって津波は浸水していない。その後、ガレキ処理施設を視察した。低地部は壊滅的な被害で、女川には津波で倒壊したビルが3棟ある。このうち女川交番、江島共済会館を視察した。

 

震災2年後(2013年5月初め)も石巻市雄勝から国道398号を通って女川に入った。女川魚市場では製氷施設が復旧し、漁港を囲むように国道398号が海抜5.4mに嵩上げされる計画が表示されていた。津波により転倒した3つのビルは解体されていない。その中で女川サプリメントは視察者向けに解説を表示していた。女川病院付近では嵩上げのための盛土工事が始まっていた。また、津波で破壊された女川病院への避難階段(高台へ通じている)が強化されていた。

 

震災3年後(2014年4月初め)は視察していない

2011年 立ち寄らず

2012年4月30日

2013年5月1日