東日本大震災被災地を訪ねて

宮城県 気仙沼市

【概要】

震災直後(2011年4月末)、震災翌年(2012年4月末)、震災2年後(2013年4月末)、震災3年後(2014年)に視察した。

気仙沼市は宮城県沿岸部の最北にあって北は岩手県陸前高田市に接している。気仙沼湾を取り囲むように唐桑半島、気仙沼市街、波路上、本吉と続き、南は南三陸町に接している。また気仙沼湾には大島がある。津波の高さは、唐桑半島東側沿岸での津波浸水高は海抜15m、気仙沼湾を囲む地域および大島での津波浸水高は海抜10mで、波路上の南部から大谷海岸、小金沢にかけての津波浸水高は20mを超える地域が広がっている。本吉地区の陸前小泉駅付近では国道45号の小泉大橋やJR気仙沼線が壊滅的に被災した。さらに沿岸部だけでなく津谷川沿い内陸5kmまで広範囲に津波が押し寄せた。また大島は完全に孤立した。気仙沼市鹿折の老健「リバーサイド春圃」で利用者59名が亡くなり、気仙沼市全体での死者・行方不明者は1,320名に及んだ。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)はJR大船渡線に沿って鹿折川上流から気仙沼市に入った。鹿折地区ではガレキの中の第18共徳丸や市内の被災状況、魚市場付近での焼け焦げた漁船、ホテル観洋付近の被災状況を視察した。その後、波路上地区の浸水したままの向洋高校付近を視察した。

 

震災翌年(2012年4月末)は陸前高田から国道45号を通って鹿折に入った。魚市場付近の被災状況を視察し、合同庁舎では津波浸水深さが2階を超え、浸水高は海抜10m程度であったことがわかる。

 

震災2年後(2013年4月末)はホテル気仙沼観洋に宿泊した。気仙沼観洋から見ると、港湾部では非木造建物は残っているが木造建物は残っていない。次に鹿折に入り、解体か保存かで議論されている第18共徳丸の近くの仮設店舗「復幸マルシェ」を視察した。その後、旧・元吉町(陸前小泉)へ移動、小泉中学校・小学校・保育園は高台で被害のなかったものの、地域は甚大な被害で死者・行方不明者は40名である。高台から見ると、河川敷のガレキの処理場が稼働していた。

 

震災3年後(2013年4月末)も陸前高田から国道45号を通って鹿折に入り、多くの犠牲者が出た老健「リバーサイド春圃」、および孤立しながらも入所者を守り切った「光が丘保養園(精神科)」の立地を確認した。「リバーサイド春圃」は鹿折川下流右岸の海抜1mのところにあって大きな被害を受け、現在は更地となっている。「光が丘保養園」も海抜3mの低いところにあるが、鹿折川左岸のやや谷の奥にあり、ガレキを含んだ津波が敷地直前まで来て、浸水被害を受けなかったものの道路が塞がれて孤立した。その後、本吉地区に向かい、津谷川上流4kmの位置にありながら津波が襲来した津谷明戸地区を視察した。

 

津波は海抜10mの地域まで到達し8名が亡くなった。なお津谷川下流の左岸で昨年まで稼働していたガレキ処理施設は撤去され、圃場整備が進んでいた。

【概要】

 震災直後(2011年4月末)、震災翌年(2012年4月末)、震災2年後(2013年4月末)に視察した。

 気仙沼市は宮城県沿岸部の最北にあって北は岩手県陸前高田市に接している。気仙沼湾を取り囲むように唐桑半島、気仙沼市街、波路上、本吉と続き、南は南三陸町に接している。また気仙沼湾には大島がある。津波の高さは、唐桑半島東側沿岸での津波浸水高は海抜15m、気仙沼湾を囲む地域および大島での津波浸水高は海抜10mで、波路上の南部から大谷海岸、小金沢にかけての津波浸水高は20mを超える地域が広がっている。本吉地区の陸前小泉駅付近では国道45号の小泉大橋やJR気仙沼線が壊滅的に被災した。さらに沿岸部だけでなく津谷川沿い内陸5kmまで広範囲に津波が押し寄せた。また大島は完全に孤立した。気仙沼市鹿折の老健「リバーサイド春圃」で利用者59名が亡くなり、気仙沼市全体での死者・行方不明者は1,320名に及んだ。

【視察報告】

○震災直後(2011年4月末)はJR大船渡線に沿って鹿折川上流から気仙沼市に入った。鹿折地区ではガレキの中の第18共徳丸や市内の被災状況、魚市場付近での焼け焦げた漁船、ホテル観洋付近の被災状況を視察した。その後、波路上地区の浸水したままの気仙沼向洋高校付近を視察した。

○震災翌年(2012年4月末)は陸前高田から国道45号を通って鹿折に入った。魚市場付近の被災状況を視察し、合同庁舎では津波浸水深さが2階を超え、浸水高は海抜10m程度であったことがわかる。

○震災2年後(2013年4月末)はホテル気仙沼観洋に宿泊した。気仙沼観洋から見ると、港湾部では非木造建物は残っているが木造建物は残っていない。次に鹿折に入り、解体か保存かで議論されている第18共徳丸の近くの仮設店舗「復幸マルシェ」を視察した。

 その後、旧・本吉町(陸前小泉)へ移動、小泉中学校・小学校・保育園は高台で被害のなかったものの、地域は甚大な被害で死者・行方不明者は40名である。高台から見ると、河川敷のガレキの処理場が稼働していた。

2011年4月24日

2012年4月29日

2013年4月30日・5月1日

2014年4月28日