東日本大震災被災地を訪ねて

宮城県 仙台市

【概要】

震災直後(2011年4月末)、震災翌年(2012年5月初め)、震災2年後(2013年5月初め)、震災3年後(2014年4月末)に視察した。

仙台市は、北は多賀城市と接する宮城野区、南は名取川を挟んで名取市に接する若林区である。津波の浸水高は沿岸部で海抜8~10mで被害の大きい地域は宮城野区の蒲生、若林区の荒浜(死者・行方不明者190人)などである。津波は内陸4km程度まで浸水しているが、仙台東部自動車道が第2の防波堤となってそれより西側の被害は小さい。仙台市全体の死者・行方不明者は690名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は仙台市長町から沿岸部へ向かった。途中、若林区内で倒壊したビルを視察し、その後、陸上自衛隊霞目飛行場近くの浪分神社に立ち寄った。浪分神社は今回も津波被害にあっていない。次に沿岸の新仙台火力発電所(2011年12月に復旧)付近を視察、仙台港(仙台塩釜港)では、ガレキや打ち上げられた大型船がある中で、完成車の搬送が開始されていた(工場からの出荷再開は4月20日ごろ)。その後。浸水したままの宮城野区の沿岸地域を視察、蒲生の海岸公園ではガレキ処理が始まっていた。

 

震災翌年(2012年5月初め)はまず七北田川河口部の蒲生干潟を視察した。原状を知らないが、津波による地形変化や地盤沈下などの被害を受けたものと考えられる。日和山では干潟復活を願う多数の激励が寄せられていた。蒲生干潟付近の住宅は壊滅的な被害を受けており、多くの方が避難した中野小学校も1階部分が大きな被害を受け、体育館に避難した方には犠牲者も出た模様であるが、小学校の上層階に避難した方は無事であった(その後にヘリで救出)。小学校の上流側にある「中野コミュニティセンター・児童館・防災センター」も1階部分が被災していた。鵜住居防災センターと同様のことが起きかねない表示である。次に蒲生浄化センターに向かった。ここから見た仙台港南側の工場地帯までは何も残っていない。なお仙台港南側の工場地帯は鉄塔倒壊による停電のため、復旧まで5か月を要している。次に荒浜に向かった。荒浜小学校も体育館は壊滅であるが校舎の上層階に避難した方々は無事であった。貞山堀の両岸の住宅地は壊滅的被害を受けた。

 

震災2年後(2013年5月初め)は仙台駅付近の宿泊先から波分神社から若林区荒浜に向かった。波分神社では視察者が増えたためか神社の由来の説明版が設置されていた。荒浜では荒浜小学校の周りは何も残っておらず、荒浜小学校の解体が始っていた。荒浜地区の犠牲者名簿碑が設置されたが、浄土寺は移転が決まっていた。

 

震災3年後(2014年4月末)は七ヶ浜町から産業道路を通って仙台港の西側を通って荒浜に入った。荒浜では貞山堀沿いの「みどりの防災林再生プロジェクト」の様子、解体されずに残る荒浜小学校の脇を通って、荒浜の住宅地区の南端にある特養「潮音荘(入所者・職員8名が亡くなった)」の跡地を視察した。

2011年4月26日

2012年5月1日

2013年5月2日

2014年4月30日