東日本大震災被災地を訪ねて

岩手県 大船渡市

【概要】

震災直後(2011年4月末)、震災翌年(2012年4月末)、震災2年後(2013年4月末)、震災3年後(2014年)に視察した。

大船渡市は、北は釜石市、南は岩手県沿岸部の最南にある陸前高田市に接する。大船渡市の範囲は広く、三陸鉄道南リアス線の駅で言えば、北から吉浜(吉浜湾)、三陸(越喜来湾)、甫嶺(越喜来湾)、小石浜(または恋し浜:越喜来湾)、綾里(綾里湾)、陸前赤崎(大船渡湾)、終点の盛(大船渡市街)で、さらにJR大船渡線で盛~大船渡~下船渡~細浦と続く。津波は、吉浜の浸水高は海抜17m程度であるが吉浜は明治・昭和の三陸津波のたびに高台移転を強化しており今回の被害は軽微であった。同様に綾里白浜も昭和の三陸津波後に高台移転を行っており被害は軽微であった。一方、三陸(越喜来)、甫嶺、綾里は大きな被害を受けた。特に三陸(越喜来)では特養「さんりくの園」で入所者・職員あわせて54名がなくなった。

大船渡港は釜石と同様に湾口に大水深防波堤があったが津波の侵入を防ぐことはできず、浸水高は海抜10mに達するところもあった。大船渡市全体の死者・行方不明者は419名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は釜石市から国道45号で三陸(越喜来)に入り、大船渡市三陸支所付近の被害状況を視察した。上流側に多くの犠牲者をだした特養「さんりくの園」があり、下流側には津波避難に成功した越喜来小学校がある。次に盛川上流から大船渡市街に入って綾里方向に向かった。長崎漁港では地盤沈降状況を確認した。帰路は大船渡湾内に残された家屋やガレキ、赤崎中学のガレキ仮置き、太平洋セメント近くの重油の流出状況、大船渡市内の被害状況を確認した。

 

震災翌年(2012年4月末)は高台移転に成功した吉浜を視察した。平成20年にも昭和三陸津波の記念碑が記憶の風化を防ぐために建立されている。その後、越喜来に入り、昨年と同様に大船渡市三陸支所付近を視察した。周辺のガレキは撤去されていたが復旧は手つかずであった。その後、大船渡市街に入った。大船渡駅前のMAIYAや大船渡プラザホテル付近のガレキは撤去されていた。

 

震災2年後(2013年4月末)は前年と同様に釜石から唐丹を通って吉浜に入った。この直前に三陸鉄道南リアス線吉浜~盛間が復旧したので吉浜駅に立ち寄った。三陸鉄道に支援を行っていた志村けんさんへの感謝を込めて非常勤駅長の辞令が掲示されていた。続いて三陸駅(越喜来)、甫嶺駅、恋し浜駅を通って綾里湾の白浜漁港へ向かった。白浜は昭和の三陸津波の後に高台移転を行っており、漁港や防潮堤の被害は大きいが住宅被害はほとんどなく、漁村センターも高台にある。廣洋館も間もなく営業再開であろう。次に向向かった綾里は綾里川河口部の低地部にも住宅があって被害が出ている。綾里漁港での津波高は13m、3m程度の防潮堤で守れるはずがない。なお、電柱にある「0.7m」は「10.7m」が剥げ落ちたもの。次に2年ぶりに長崎漁港を訪問したが、地盤沈降はほとんど改善されていなかった。その後、大船渡市街に入り、三陸鉄道盛駅、JR大船渡線(現在はBRTで運行)の大船渡駅、その付近の大船渡プラザホテルは2011年12月に営業再開していたとのこと。近くには仮設の「おおふなと夢商店街」があり、MAIYAも移転していた。

 

震災3年後(2014年4月末)は釜石市唐丹から国道45号を通り大船渡市吉浜に入った。吉浜は高台移転で有名であるが、現在は破壊された防潮堤の復旧と、浸水被害を受けた圃場の客土工事が進められていた。次に多くの犠牲者を出した越喜来の特養「さんりくの園」の立地を確認した。すでに更地となっているが敷地標高は海抜14mで海岸からは約1kmである。予想もしていなかったところに浸水深2m程度の津波に襲われたものと思われる。なお隣の越喜来中学校の敷地標高は海抜19mで津波被害を受けていない。なお、全線開通した三陸鉄道南リアス線は大船渡(盛駅)~釜石間であり、ここ三陸駅を通る。

2011年4月24日

2012年4月29日

2013年4月29日・30日

2014年4月28日