東日本大震災被災地を訪ねて

岩手県 山田町

【概要】

震災翌年(2012年4月末)と2年後(2013年4月末)に視察した。3年後(2014年)は特に時間をかけて視察した。

山田町は、北は宮古市、南は大槌町に接している。山田湾を囲むように町が広がっているほか、山田湾の南の船越湾には船越漁港がある。山田湾は湾口が狭く湾内は穏やかで津波に強いと言われ、昭和の三陸津波でも死者は少なかった。しかし東日本大震災では町全体が津波浸水高8~10m(海抜)の津波に襲われ、船越地区浜の浦の老健「シーサイドかろ」では利用者・職員合わせて88名の死者・行方不明者がでている。船越地区では山田湾からの津波に加えて、船越湾から超えてきた津波(浸水高は海抜15m程度)にも襲われている。その結果、死者・行方不明者は宮古市を超える750名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は国道45号沿いに通過したが視察は行っていない。

 

震災翌年(2012年4月末)は宮古市千鶏から山田町大沢に入り、山田湾沿いに町の中心に向かった。この段階ではがれきが撤去され、一面に住宅の基礎部分が廃墟のように広がっていた。防潮堤の高さは地面から4m程度、津波によって倒壊した部分も多い。

 

震災2年後(2013年4月末)は宮古市津軽石から国道45号を南下し山田町に入った。1年前と比べて復旧はほとんど進んでいない。

 

 震災3年後(2014年4月末)は昨年と同様に宮古市津軽石から国道45号を通って山田町へ入った。まず、現在は閉鎖中の県立山田病院へ立ち寄った。震災時、山田病院は1階が浸水し、停電・孤立する中で入院患者などへの対応をとった。次に山田町役場(震災では役場は無事であったが、地下が被災自家発や非常時通信機能を失った、)や隣接の旧・山田病院を視察した。旧・山田病院では医師の近藤3兄弟が仮設医院を開設し、病院の別棟には金融機関や店舗の仮設店舗が開設されている。その後、船越地区に移動し、山田湾に面した老健「シーサイドかろ」や障害者支援施設「はまなす学園」(いずれも社会福祉法人・親和会が運営)の跡地および一時避難先の海洋センターを視察した。なお海洋センターは支援活動で不正を行ったNPO「大雪リバーネット」の活動拠点となった施設である。次に親和会本部を訪問し理事長に話を伺った後、高台に開設された親和会の3施設を視察した。その後、船越湾に面した田ノ浜地区に移動し、まず船越小学校を視察した。船越小学校の敷地は海抜13mで海抜18mの津波に襲われたが、小学校OBの用務員の方の促しで津波避難を行い児童全員が無事であった。更に、その時の教訓を踏まえ、海抜20mの嵩上げ行い校舎を建て替えた。船越小学校の校区である田之浜地区は海岸から500mほど内陸の比較的高い地域に無被害の多数の住宅がみられ、高台移転を行っていたものと考えられる。一方、沿岸部は壊滅的被害で防潮堤などの復旧工事はまだ始まっていない。

2011年4月24日

2012年4月29日

2013年

2014年4月28日