東日本大震災被災地を訪ねて

岩手県 陸前高田市

【概要】

震災直後(2011年4月末)、震災翌年(2012年4月末)、震災2年後(2013年4月末)、震災3年後(2014年)に視察した。

陸前高田市は岩手県沿岸部の最南端にあって、北は大船渡市、南は宮城県気仙沼市に接している。大野湾から広田湾に広がり、広田湾の奥に市の中心部がある。津波浸水高は陸前高田市の沿岸部全域で海抜15mを超え、市民会館や市民体育館などの指定避難場所へ避難した多くの市民が津波にのまれた。また沿岸に近い県立高田病院では4階建ての4階まで津波が押し寄せ、入院患者12名と医療スタッフ8名が亡くなった。陸前高田市の死者・行方不明者は1780名に及ぶ。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は大船渡から国道45号で陸前高田に入った。まずは下宿の定住雇用促進住宅付近で、線路から50mほど流されたレールと、跡形もない線路跡を見つけた。その後、陸前高田の中心部や県立高田病院付近の被災状況を視察した。気仙川は気仙大橋、姉歯橋とも津波で落橋し渡ることができず、JR大船渡線に沿って県道・気仙沼陸前高田線に迂回し、気仙沼に向かった。JR大船渡線も大きな被害を受けていた。

 

震災翌年(2012年4月末)も大船渡から国道45号で陸前高田に入り、下宿の定住雇用促進住宅付近を視察、その後の海洋センター、陸前高田高校を通って中心部に入り、高田交番、高田消防、市役所、市民会館、ショッピングセンターMIYA、岩手県立高田病院、奇跡の一本松(後方はキャピタルホテル1000)などを視察し、昨年は落橋していた気仙大橋を渡って気仙川右岸河口付近の気仙中学(全員が津波避難で無事)を視察した。ほぼすべての建物が3階天井以上まで被害を受けている。

 

震災2年後(2013年4月末)も同様に大船渡から国道45号で陸前高田に入り、奇跡の一本松付近を視察した。ユースホステルは建物にも大きな被害が出たが、当時は長期休館中で犠牲者はいない。古河沼の河口部の水門は津波に対しては無力であった。古川沼では沿岸側の護岸の復旧に加えて内陸側の盛土(新たな防潮堤用?)が始まっていた。高台の鳴石団地は被害はない。その下の高田第一中学校も高台のため津波被害はなく、陸前高田市最大の避難所(避難者1,200人)となった。現在は校庭に仮設住宅、校舎後ろは日赤が使用していた救護所プレハブを活用して岩手県医師会による高田診療所が開設され、地域医療拠点となっている。鳴石団地周辺では仮設の市役所があり、JR大船渡線の陸前高田駅ができており、復興住宅の造成工事が行われていた。旧・市街地ではNTTと米沢商店を除いて解体が進んでいた。NTTビルは移設を検討中であるが、米沢商店はオーナーの意向で遺構として保存予定である。野球場近くではガレキの処理が行われ、下和野地区では高田小学校の下で復興住宅建設のための盛土工事が進んでいた。なお、高田小学校は校舎の1階部分が津波に襲われたが、児童は校舎の2階に避難したため全員無事であった。老人ホーム高寿園はさらに高台にある。下和野では海産物加工場も高台移転中であった。

 

震災3年後(2014年4月末)も大船渡市から国道45号を通って陸前高田市へ入った。まず道の駅「高田松原(愛称はタピック45)」に向かった。タピック45は解体されずに残っており、その前には追悼施設が設けられている。タピック45の近くに「奇跡の一本松」があるが、沿岸部は大規模なベルトコンベアー(希望のかけ橋と命名)が縦横に走り嵩上げ工事が大々的に進められていた。

2011年4月24日

2012年4月29日

2013年4月30日

2014年4月28日