東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 富岡町

【概要】

震災翌年(2012年)までは立ち入り禁止で、震災2年後(2013年5月初め)、震災3年後(2014年5月初め)に視察した。

富岡町は、北は福島第一原子力発電所のある大熊町、南は福島第ニ原子力発電所で楢葉町と接している。沿岸部は北部は断崖が続き、南部は富岡川から福島第ニ原子力発電所間の沿岸部低地に農地が広がる。津波は不明であるが、断崖では福島第一原子力発電所の防潮堤で上がった50m近い水しぶきから考えて遡上高は30m近いと思われる。一方、富岡川から福島第ニ原子力発電所間の沿岸部低地は、ホテル海遊館の被害状況などから浸水高は海抜10m程度と思われる。富岡町全体の死者(直接死)・行方不明者は24名である。

 

【視察報告】

震災翌年(2012年)までは立入禁止のため訪問していない。

 

震災2年後(2013年5月初め)は宿泊地のいわき市から国道6号を通って北上し富岡町に入った。国道6号は富岡消防署のある交差点から北は一般車両は立入禁止で、ここで折り返して南下した。しばらくは側道への立入も禁止であった。富岡町役場、文化交流センター、総合スポーツセンターなどは高台にあった津波の被害を受けていない。沿岸部に向かうと福島第2原発が見通せるところで通行止めとなっていたが、おそらく道路(または橋梁)被害のためと思われる。迂回した先では富岡川の橋梁が落橋していた。富岡川が国道6号と交差する付近では復旧作業者向けのホテルが新規開業していた。富岡町の中央に入る交差点には「創業明治元年 うなぎの押田」があるが、建物の傾きからみて全壊であろう。この付近に津波は到達していないが、古い家屋が揺れによって全壊している。JR常磐線の富岡駅付近は地盤が低く、富岡町で唯一津波により1~2階までの被害を受けた。津波による死者・行方不明者はこの地域に集中していると思われる。ここでは放射能の測定が行われ、沖合には海上保安庁の巡視艇が航行していた。少し南に下って海遊館では被災した状況のままで、周囲もガレキの撤去行われていない。

 

震災3年後(2014年5月初め)は、いわき市から常磐自動車道を北上し、現在の終点である常磐富岡ICで降り、夜ノ森駅方向に向かった。途中、「福祉の里」の表示があるが、特養「館山荘」をはじめ、原発避難を余儀なくされた施設である。次に夜ノ森の桜並木を通り富岡第二中学校や富岡第二小学校を視察した。放射線量はいずれの学校も1μ㏜を超えており、子供達の帰還には適さない。その後も南下して東京電力・エネルギー館のある富岡中央の交差点に出て、そこから6号線を北上し、双葉警察署前を通って富岡町役場・文化交流センターを視察した。次に昨年と同様のルートで総合スポーツセンターから沿岸部の富岡駅方向に向かった。総合スポーツセンターは昨年と異なり、多量の汚染土が仮置きされていた。富岡駅付近や福島第二原発の手前にあるホテル海遊館付近は昨年と同様に被災した状況のままガレキの撤去行われておらず、汚染土の仮置が増え、放射能観測装置が数多く設置されている。ガレキ処理場もできたが規模も小さく、ほとんど稼働していない。

2011年

2012年

2013年5月4日

2014年5月2日