東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 広野町

【概要】

震災翌年(2012年5月初め)、震災2年後(2013年5月初め)、震災3年後(2014年5月初め)に視察した。

 広野町は、北端は広野火力発電所であり、隣の楢葉のJヴィレッジに接しており、2012年5月はJヴィレッジから先が立ち入り禁止であった。南はいわき市に接している。沿岸部はほとんどが断崖で、北迫川と浅見川にはさまれた低地には農地と集落がある。津波は、断崖での遡上高は30m近く、低地の浸水高は海抜10mであるが、広野町全体の死者(直接死)・行方不明者は2名である。なお、北迫川の北側高台には、原発事故での避難は入院患者にとっては過酷であるとの判断で、避難を行わなかった広野病院がある。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は訪問していない。

 

震災翌年(2012年5月初め)は楢葉町のJヴィレッジで折り返し、広野町を北から南へ視察した。まず広野火力発電所に隣接した「汚染廃棄物仮置場」造成工事を視察し、

続いてその南側のガレキ分別作業場を視察した。その後、1kmほど南の北迫川河口部での水管橋の被害と仮復旧現場を、その近くで売地となった津波被災地を視察した。なおこの売地の上に広野病院(原発事故での避難を行わなかった)がある。

 

震災2年後(2013年5月初め)は楢葉町から国道6号で南下し、広野火力に向かった。広野火力近くの災害廃棄物処分場を視察した。その後、JR常磐線広野駅付近の災害復興住宅造成現場に向かった。そこでは遺跡の発掘調査が行われており、その横の広野駅を仮の終点とする常磐線の電車が通過していた。楢葉町以北とは全く状況が異なる。

 

震災3年後(2014年5月初め)は広野火力発電所の横の汚染廃棄物置場を通り、北迫川河口に向かった。北迫川沿いには、原発事故当時に高齢者の広域避難の困難さから避難しないと判断した高野病院および特養花ぶさ苑がある。その後、JR常磐線の折り返し駅となっている広野駅へ向かったが、広野駅付近は食堂も営業を行っていた。広野駅付近では災害公営住宅の造成も進行しており、商工会などの仮設事務所もおかれていた。

2011年

2012年5月2日

2013年5月4日

2014年5月2日