東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 新地町

【概要】

震災翌年(2012年5月初め)と震災2年後(2013年5月初め)、震災3年後(2014年5月初め)に視察した。

新地町は、北は宮城県山元町、南は相馬市に接し、南端は東北電力と東京電力の折半出資による新地火力発電所(石炭)である。沿岸部の埒浜、釣師、大戸浜などの津波高は海抜10mで住宅が壊滅的な被害を受けている。津波はさらに内陸700mにある常磐線を襲い、新地駅が被害を受けるとともに電車が流された。さらに津波は内陸2~3kmまで広がっているが多くは水田である。新地町全体の死者・行方不明者は110名である。新地発電所も被害を受け、復旧は12月であった。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は訪問していない。

 

震災翌年(2012年5月初め)は山元町から国道6号を南下して新地町に入った。新地町に入ってすぐに埒川に沿い沿岸部の被災・復旧状況を視察した。沿岸部は壊滅的な状況で、新地浄化センターも1階がぶち抜かれた状態であった。その後は橋梁も橋台を残して橋桁も取付け道路もない状況で、通行不能であったため、新地駅手前付近で国道6号に迂回した南相馬市に向かった。

 

震災2年後(2013年5月初め)は山元町から国道6号~国道113で相馬港へ入った。新地発電所の海岸側にガレキ処分場が稼働していた。その後は北上し、被害の大きい沿岸部の大戸浜や釣師漁港付近の被害状況を視察した。この段階ではガレキの撤去を終えた段階と思われた。

 

震災3年後(2014年5月初め)は国道6号線から釣師に向かい、沿岸部を南下して新地発電所に向かった。新地発電所の海岸側のガレキ処分場は継続稼働しており、ガレキ処理のスピードは岩手、宮城よりも遅れ気味と感じられた。

2011年

2012年5月1日

2013年5月3日

2014年5月1日