東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 浪江町

【概要】

震災翌年(2012年)までは立ち入り禁止で、震災2年後(2013年5月初め)に視察し、震災3年後(2014年5月初め)も継続して視察した。

浪江町は、北は南相馬市、南は福島第一原子力発電所の立地する双葉町である。沿岸部は、北部は断崖で、南部は請戸川の両岸に低地が広がり、請戸川南部に請戸漁港と住宅街がある。津波高は不明であるが、福島第一原子力発電所に押し寄せた津波から考えて北部の断崖での遡上高は30m近く、請戸などの低地の沿岸部では建物被害からみて浸水高は海抜10m程度と思われる。2013年5月では請戸地区への一般車両の進入は禁止されているが、公開されている映像から判断すると請戸から南部は壊滅状態である。浪江町全体の死者(直接死)・行方不明者は180名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は訪問していない。

 

震災翌年(2012年)も立ち入り禁止のため訪問していない。

 

震災2年後(2013年5月初め)は南相馬市から国道6号を通って浪江町に入った。国道6号沿いの浪江町役場およびその付近は津波被害を受けていない。請戸地区へは一般車両は立入禁止であったため、浪江町に接する南相馬市の沿岸付近を視察した。住宅や決壊した護岸の復旧は手つかずであった。

 

震災3年後(2014年5月初め)も昨年と同様に双葉町との境界(結婚式場付近)から先が立入禁止となっており、ここでUターンした。浪江町では国道6号から請戸地区などの沿岸部への通行は地域住民を除いて禁止されており、沿岸部を視察することはできない。その後、迂回していわき市に宿泊した。

2011年

2012年

2013年5月2日

2014年5月1日