東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 須賀川市

【概要】

震災2年後(2013年5月初め)に視察した。

須賀川市は郡山市の南にある内陸部の市である。東日本大震災で大規模ため池の藤沼ダムが揺れにより決壊し8名が亡くなった。

 

【視察報告】

震災2年後(2013年5月初め)に、原発事故による立入禁止区域を迂回し、須賀川市に向かった。市街からダム湖に向かう途中に3周忌の観音様があり、破壊した堤体に向かう道路は復旧工事のために立入禁止となっていた。立入可能なダム湖の奥の道路から見ると堤体は埋め戻されており、間もなく貯水が始まるものと思われる。周辺の水田では湛水が始まっていた。

2011年

2012年

2013年