東日本大震災被災地を訪ねて

茨城県 日立市

【概要】

震災翌年(2012年5月初め)に視察した。

日立市は茨城県沿岸部の北部にあり、北は高萩市、南は東海村に接している。津波の浸水高は北部の川尻港から南部の日立港までおおよそ海抜5mであり、床上浸水は600棟で、死者・行方不明者は13名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は訪問していない。

 

震災翌年(2012年5月初め)は高萩市から国道6号を南下し日立市に入った。日立港では護岸が側方流動で海側に移動する被害が出ている。久慈川過去付近の堤防も液状化が原因と思われる不陸(沈下)が生じ、復旧工事が行われていた。

 

震災2年後(2013年)は沿岸部を南下したが視察は行っていない。

 

震災3年後(2014年)は訪問していない。

2011年

2012年5月2日

2013年

2014年