東日本大震災被災地を訪ねて

宮城県 塩釜市

【概要】

震災以降~震災6年後(2017)まで訪問していない。震災7年後(2018年4月末)に初めて本塩釜駅付近を視察し、震災8年後(2019年5月初旬)にも視察した。

塩釜市は、北は利府町、南西は多賀城市、南東は七ヶ浜町に接している。津波ついてははJR仙石線本塩釜駅付近の塩釜港付近での津波映像から見て、浸水高が海抜6m、浸水深が4mと思われる。塩釜市全体で死者・行方不明者は26名である。

 

【視察報告】

震災以降~震災6年後(2017)まで訪問していない。

 

震災7年後(2018年4月末)は七ヶ浜から塩釜に入り、本塩釜駅付近を視察した。東日本大震災当時に動画が撮影された地点や、再建された(2017年10月)魚市場などを確認した。

 

震災8年後(2019年5月初旬)は七ヶ浜町から塩釜市に入り、マリンゲート付近の防潮堤を確認した。

 

2018年4月24日

2019年5月2日