東日本大震災被災地を訪ねて

宮城県 女川町

【概要】

震災翌年(2012年4月末)、2年後(2013年4月末)に視察した。震災3年後(2014年)は通過したのみで視察はしていない。震災5年後(2016年4月末)に視察した。震災6年後(2017年)は視察しておらず、震災7年後(2018年4月末)と震災8年後(2019年5月初旬)に視察した。

女川町は、東は女川湾に面し、女川湾には出島がある。周囲は石巻市に囲まれおり、北は雄勝、南は牡鹿半島、西は万石浦である。津波は女川原発付近で浸水高が海抜13mであるが、5km離れた出島での遡上高は海抜40m近い。女川町中心部の津波浸水高は海抜18mで七十七銀行女川支店では2階屋上に避難した13名の職員の内12名が亡くなり、海抜16mの高台に位置する女川町立病院も2m浸水した。その後、津波は女川街道沿いに海抜20mまで遡上を続け万石浦へと超えていった。女川町全体の死者・行方不明者は850名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は女川町を訪問していない。

 

震災翌年(2012年4月末)は石巻市雄勝から国道398号を通って女川に入った。対岸から見た女川町中心部はほぼ壊滅の状態である。ただ、女川町立病院は1階が浸水したとはとても思えない高台にあって機能を維持、小中学校も高台にあって津波は浸水していない。その後、ガレキ処理施設を視察した。低地部は壊滅的な被害で、女川には津波で倒壊したビルが3棟ある。このうち女川交番、江島共済会館を視察した。

 

震災2年後(2013年5月初め)も石巻市雄勝から国道398号を通って女川に入った。女川魚市場では製氷施設が復旧し、漁港を囲むように国道398号が海抜5.4mに嵩上げされる計画が表示されていた。津波により転倒した3つのビルは解体されていない。その中で女川サプリメントは視察者向けに解説を表示していた。女川病院付近では嵩上げのための盛土工事が始まっていた。また、津波で破壊された女川病院への避難階段(高台へ通じている)が強化されていた。

震災3年後(2014年4月初め)は視察していない

 

震災5年後(2016年4月末)は石巻漁港から万石浦を通って女川に向い、視察を行った後は同じ道を東松島に向けて引き返した。まずは女川病院(平成23年10月から介護施設と一体化した女川町地域医療センターとして新たにスタート)から中心部の状況を確認した。女川のまち全体を見渡す庭は手作りで整備(女川復興ガーデン)され津波碑が設けられている。続いて、病院から降りて女川駅に向かい、シーパルピアを散策した。その後は震災後にガレキ処理場となっていた漁港付近の復旧状況や再建された佐藤水産(中国の研修生の津波避難を成功させた専務が犠牲になった)を視察した。帰路に立ち寄ったマリンパル(万石浦にある施設、従来は女川港にあったが内陸に移設)も観光客で盛況であった。

震災6年後(2017年)は視察していない。

 

震災7年後(2018年4月末)は、石巻から女川との境目のマリンパルは店舗が減少。今回は女川駅付近を視察した。最初に完成間近の町役場庁舎、再開した郵便局(2017年4月に再開)、交番、銀行(七十七銀行、目立たないように慰霊碑が設置されている)、信用金庫、レンタカー店、高台の住宅建設など、まちづくりが進んでいる。ここから雄勝に向かって移動する途中で雄勝湾に面した防災集団移転(御前浜)を視察した。

 

震災8年後(2019年5月初旬)は石巻市から万石浦を通って女川町に向かった。先ず、女川病院では介護施設と合わせて改修工事が行われていた。女川病院から見渡すと、駅周辺の整備や住宅地の整備が進められている状況がわかる。女川病院に設けられた慰霊碑をみると、いかに大勢の方が亡くなったかがわかる。その後、海岸線に沿って雄勝に向かい、途中で2016年に復旧した女川の湾口防波堤を確認した。

 

2011年 立ち寄らず

2012年4月30日

2013年5月1日

2016年4月27日

2018年4月25日

2019年5月3日