東日本大震災被災地を訪ねて

宮城県 東松島市

【概要】

震災直後(2011年4月末)に視察した。震災翌年と震災2年後は訪問しておらず、震災3年後(2014年)、5年後(2016年4月末)に視察した。6年後(2017年)は訪問しておらず、7年後(2018年4月末)と震災8年後(2019年5月初旬)に訪問した。

東松島市は、東は石巻市に接し、石巻湾に沿って西へ矢本、松島基地、鳴瀬川、野蒜海岸、東名と続き、松島町に至る。津波の浸水高は矢本では海抜8m、野蒜海岸では海抜10mで東名地域を超えて松島湾に流入した。松島湾に面した特養「不老園」および併設のデイサービス施設などでは利用者計66人、職員11人が亡くなった。東松島市全体の死者・行方不明者は1,090名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は石巻市沿岸部から東松島市矢本町の沿岸部に入った。矢本町沿岸部(大曲)は石巻港の船舶が打ち上げられ、住宅地域も壊滅的被害であった。東松島市の西端に位置する東名では、沿岸部は冠水状態にあり、JR仙石線の東名駅およびその付近の住宅が壊滅的に被災していた。

震災翌年(2012)と震災2年後(2013年)は訪問していない。

 

震災3年後(2014年4月末)は石巻市から国道45を通り、鳴瀬大橋を渡り、鳴瀬川右岸を野蒜海岸へと向かった。野蒜海岸では防潮堤の嵩上げ(海抜7.2m)工事が始まっていた。このかさ上げ工事には陸前高田の「希望の橋」と同様、大規模なベルトコンベアが用いられている。なお、土砂の掘出し地は大規模な高台造成地である。野蒜海岸沿岸部はほとんど更地状況であるが、「かんぽの宿 松島」およびその付帯施設は解体されずに残っていた。次に、野蒜駅方向に向かい、私設津波避難場所「佐藤山」、野蒜駅、野蒜小学校跡地を視察した。野蒜小学校校庭には様々な機関の仮設事務所が設置されていた。その後、東名地区に向かった。被災した東名駅舎や線路の撤去は終えているがJR仙石線の復旧のめどは見えない。次に松島湾に沿って南下し、東名地区の墓地に設置された津波到達水位の表示や被災者慰霊碑、特養「不老園」の跡地を視察した。

 

 震災5年後(2016年4月末)は女川の視察後に国道398~国道45号を通って成瀬大橋を渡り、鳴瀬川沿いに南下し、野蒜海岸に入った。野蒜海岸では大規模な盛土と防災林の植栽が行われていた。旧・野蒜駅はファミリーマートが入居し、近くに食堂などが無いため工事関係者で賑わっていた。その後、造成工事が進む野蒜の高台(野蒜北部丘陵団地)へ移動した。仙石線の付替えは完成しており野蒜駅や東名駅が開業していたが、住宅の建設はこれからで、旧・野蒜小と宮戸島小が統合した宮野森小校舎も現在は工事中で来年1月に供用開始の予定である。

震災6年後(2017年)は訪問していない。

 

震災7年後(2018年4月末)は松島から野蒜が丘に向かった。野蒜が丘入口ではホテルの建設計画があり、さらに進むと消防署、各種医療機関、グループホーム特養(被災した不老園の再建)などが完成間近である。新・東名駅付近には小さいながらもショッピングプラザ「森の風」があり、新・野蒜駅前には駐在所もできている。野蒜が丘を降りて被災した不老園の跡地や旧・野蒜駅(震災遺構・メモリアルパーク))見て、初めて宮戸島に向かった。宮戸島では室浜の防災集団移転や災害公営住宅などを視察した。その後、野蒜に戻り、野蒜海岸の復旧状況や、旧・成瀬第二中学校跡地の記念碑、旧・野蒜小学校の跡地(防災体験型の教育宿泊施設こども未来創造校「KIBOTCHA(キボッチャ)」が開設していた)を廻り、上野蒜に開校した成瀬未来中学校を視察した。その後、東松島市の東部へ移動し、比較的被害の小さかった大曲小学校付近を視察した。大曲市民センターは津波避難場所には適さず、大曲小学校にも屋外避難階段はないように見える。その後、北上運河の護岸の嵩上げ状況を見て石巻市に移動した。

 

震災8年後(2019年5月初旬)は塩釜市から利府町、松島町を通過し東松島市に入った。まず、JR仙石線陸前大塚駅付近の防潮堤を、次に野蒜ヶ丘に入り、宮森小学校前の野蒜保育所を確認した。野蒜ヶ丘を降りて野蒜の西側海岸を南下し、東名浜漁港の防潮堤を確認した。その後、東松島基地を迂回して大曲地区に入り、北上運河の護岸の嵩上げ状況を確認し、大曲の慰霊碑(大曲地区の被害の大きさがわかる)を見て、仙台市に入った。

 

2011年4月25日・26日

2014年4月30日

2016年4月27日

2018年4月24日

2018年4月25日

2019年5月2日

2019年5月3日