東日本大震災被災地を訪ねて

宮城県 名取市

【概要】

震災翌年(2012年4月末)、震災2年後(2013年4月末)、震災3年後(2014年4月末)、5年後(2016年4月末)、6年後(2017年4月末)、7年後(2018年4月末)と震災8年後(2019年4月末)に視察した。

名取市は、北は名取川を挟んで仙台市に接し、南は仙台空港を挟んで岩沼市である。津波の浸水高は沿岸部で海抜8~10m。被害の大きい地域は名取川河口近くの閖上と仙台空港の海岸側の下増田地区である。閖上地区の被害が特に大きく死者・行方不明者は閖上地区で800名近い。津波は仙台市同様、内陸4km程度まで浸水しているが、仙台東部自動車道が第2の防波堤となってそれより西側の被害は小さい。名取市全体の死者。行方不明者は950名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は通過したのみで視察は行っていない。

 

震災翌年(2012年4月末)は名取川の最下流の閖上大橋を渡って閖上に入った。

閖上地区は残っている建物では1階部分が津波でぶち抜かれるような被害が特徴で、浸水深さは5m、貞山堀が名取川と交差する閖上水門の操作室に避難した方は助かっている。水門からは壊滅的な被害を受けた住宅地を通り、日和山(富主姫神社)へ向かい、閖上全体の被災状況を確認した。近くには地盤造成高を示す盛土が行われていた。閖上漁港の太平洋側の砂州にあるサイクルスポーツセンターはガレキの処分場となっていた。海岸から1.5kmの閖上小学校の津波被害は1階のみで上層階に避難した方は助かっている。ここでは体育館にガレキの中から見つかった写真やランドセルなどを洗って整理し、持ち主および関係者に返す「思い出さがしプロジェクト」が行われていた。その後、貞山堀に沿って南下、仙台空港の脇を通って岩沼市に向かった。

 

震災2年後(2013年4月末)も前年と同様に閖上に向かった。日和山、閖上小学校を巡った後、閖上中学校を視察した。亡くなった生徒14名の名前を記した碑が設置され、中学校の正門脇には閖上の被害状況を掲示した施設「閖上の記憶」ができていた。

 

震災3年後(2014年4月末)も例年と同じように仙台市荒浜から閖上大橋を渡って閖上に入り、閖上公民館跡地に向かった。閖上では宅地嵩上げ計画が進められていた。市道整備高さ(海抜7.6m)を体感するための試験盛土上からは解体されていない東禅寺や閖上消防の建物が見える。一方、閖上公民館は震災の年に急いで撤去されている。その後、津波避難中に36名の犠牲者を出した特養「うらやす(うららか・やすらぎ)」に向かった。「うらやす」は震災直後の状態のままである。次に日和山に向かった。日和山は観光地化されている。昨年は仮置盛土の影となっていた佐々直の本社が見える。その後、閖上中学校、閖上小学校に向かった。閖上小学校の「思い出さがしプロジェクト」の品々も少なくなり、体育館の演台上に整理されていた。

 

震災5年後(2016年4月末)も仙台市荒浜から沿岸に沿って南下し、閖上大橋を渡って閖上に入った。日和山から見ると閖上港で水産施設の工事が進められているが、閖上の南西方角から閖上全体を一望すると、解体が始まった閖上小、閖上中、解体されないままの介護施設うらやすなど、閖上地区の復旧はほとんど進んでないように思われる。同じ地点から仙台空港線美田園駅方向を見ると、「3.11万葉集」に登場するマンションの周りが嵩上げされ(美田園北団地)復興公営住宅や多くの住宅が建設されている。

 

震災6年後(2017年4月末)は岩沼市から北上して名取市に入った。今回は閖上の復興の状況(住宅の整備状況や、閖上小・中学校の工事状況など)を視察した。

 

震災7年後(2018年4月末)は岩沼市から北上し、空港線の美田園駅付近にある「閖上再開市場」の今を確認し、その近くにある移設された「うらやす」を訪れた。その後は閖上に向かい、住宅の整備状況や、再開したばかり閖上小中学校を視察し、日和山付近の状況を確認した。日和山近くに設けられた慰霊碑には名取市の犠牲者964名全員のお名前が記載されている。

 

震災8年後(2019年4月末)は岩沼市から北上。まず、閖上地区全体の嵩上げや住宅建設が進んでいる状況を見て、次に閖上小中学校付近で保育所や移設された閖上中学校の慰霊碑などを確認した。その後、閖上漁港に戻り防潮堤などを確認し、4月25日にオープンしたばかりの、名取川護岸上にできたかわまちテラス閖上を視察した。次に解体されずに残る介護施設「旧・うらやす」の状況を見て仙台市へ向かった。

 

2012年5月1日

2013年5月2日

2014年5月1日

2016年4月27日

2017年4月28日

2018年4月23日

2019年5月1日

2019年5月2日