東日本大震災被災地を訪ねて

岩手県 久慈市

【概要】

震災直後(2011年4月末)、翌年(2012年4月末)、2年後(2013年4月末)、3年後(2014年4月末)、5年後(2016年4月末)に視察を行った。震災6年後(2017年)は視察せず、震災7年後(2018年4月末)、震災8年後(2019年5月上旬)に視察を行った。

久慈市は、北は洋野町、南は野田村に接している。沿岸部を襲った津波の遡上高は海抜15mで、20mを超えたところもある。公開されている津波動画をみると、久慈港を襲った津波の浸水高は海抜10mと思われるが久慈市の中心部には津波は到達していない。沿岸にある多くの漁港は大きな被害を受けたが「あまちゃん」の小袖集落をはじめとする居住地域はほとんどが高台にあり、死者・行方不明者は4名にとどまる。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は東京から東北自動車道(3/24に一般開放)で盛岡へ。翌朝に東北自動車道~八戸自動車道で九戸を経由し国道281号で久慈市に向かった。途中、雪が残る山間部には斜面崩壊も見られたが、全体的に揺れによる被害は小さい。久慈川に沿って久慈市内に向かうと次第に河川敷内にガレキが現れ、初めて見る津波の痕跡に言葉を失った。

 

震災翌年(2012年4月末)は洋野町から国道45号で久慈市に入った。久慈港の魚市場の復旧を確認し野田村へ向かった。

 

震災2年後(2013年4月末)は震災直後(2011年4月末)と同じ経路(盛岡~九戸~久慈)で久慈市に入った。まず久慈川大橋下流(左岸)にある久慈湊小学校を視察した。東日本大震災でも津波浸水しており、再び東日本大震災の北側を震源とする巨大津波が発生すれば、大川小学校と同様の津波が押し寄せる心配がある。次に久慈国家石油備蓄基地に向かう。石油は高台の地下岩盤内に備蓄されていて流出はないが、久慈湾に面した地上設備は浸水高10~15mの津波で壊滅的な被害を受けたため、高台移転を含めた復旧作業が進められている(写真なし)。石油備蓄基地から南方向を眺めると、小袖海岸にある二子、大尻、小袖の集落が高台にあることがわかる。久慈駅前を通って小袖方面に向かい、二子地区の旧・久慈水産高校、大尻地区の特養・和光苑、小袖地区の小袖保育園、小袖漁村センター、小袖小学校、三崎中学校などが高台にあることを確認した。

 

 震災3年後(2014年4月末)は前年と同様に盛岡~九戸~久慈の経路で久慈市に入った。始めに全線開通した三陸鉄道北リアス線の始発駅である久慈駅を視察し、その後、昨年も視察した久慈湊小学校に向かった。津波の浸水の危険性が高いにもかかわらず、避難場所の表示や、防潮堤で津波被害を防ぐという内容のパネル表示は今年も改善されていない。

 

震災5年後(2016年4月末)は、洋野町から国道45号を通って陸中夏井駅付近から石油国家備蓄基地方向に向い、前日(4月23日)に再開した水族館もぐらんぴあを視察し、その屋上から国家石油備蓄基地の地上設備や、隣接する北日本造船の復旧状況を確認した。その後は沿岸に沿って南下し、継続している恵愛病院や湊小学校を通り、久慈大橋から久慈川護岸の嵩上げ工事や湊橋の付替え工事を確認した。

震災6年後(2017年)は視察をしていない。

 

震災7年後(2018年4月末)も、いつものように久慈湊小学校に寄ると校庭に隣接する久慈川の堤防が嵩上げされていたが、玄関近くの看板は変わりなく、チリ地震に備えた湾口防波堤(完成予定は平成40年)の説明が掲示されている。その後、小袖に移動し、港や高台の宅地周辺を視察した。小袖保育所では数名の幼児が園庭で遊んでいた。

 

震災8年後(2019年5月上旬)は前日の宮古市の視察の後に北上し、久慈市に入った。最初に久慈川下流の湊小を視察した。久慈川の護岸が嵩上げされ、湊小では避難用と思われる屋外階段が設置されていた。国家石油備蓄基地付近では防潮堤の嵩上げは確認できないが、久慈川河口付近の防潮堤工事は進んでいる。

 

2011年4月23日

2012年4月28日

2013年4月27日

2014年4月27日

2016年4月24日

2018年4月28日

2019年5月6日