東日本大震災被災地を訪ねて

岩手県 洋野町

【概要】

震災翌年(2012年4月末)に訪問した。震災直後(2011年)および震災2年後(2013年)、3年後(2014年)は視察していない。震災5年後(2016年4月末)に再び訪問した。それ以降は視察していない。

洋野町は岩手県の最北部にあり、北は青森県階上町、南は久慈市に接している。洋野町北部の川尻地区に設けられた堤防高(海抜12m)と地区の状況(被害なし)から津波浸水高は海抜10m程度と思われる。種市の市街のほかに沿岸部には八木港をはじめ多くの漁村があるが、沿岸は全体的に断崖で続いており、津波遡上高は15mであるが、住宅や公共施設(学校や病院)が比較的高台にあり被害は小さい。低地部でも津波避難が成功しており、死者・行方不明者はいない。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は訪問していない。

 

震災翌年(2012年4月末)に青森県階上町から沿岸に沿って南下した。北部は角浜漁港をはじめ住宅地は高台にあり被害がほとんどない。種市漁港や八木港の復旧は進み、JR八戸線(八戸~久慈)も1か月前(2012年3月)に復旧していた。八木南町の津波避難場所への避難路は夜間でも避難できるように太陽光発電による照明が設置されていた。ただ、避難路入り口部は両側がブロック塀のため、揺れが大きい場合は塞がれる心配がある。

震災2年後(2013年)、3年後(2014年)は視察していない。

 

震災5年後(2016年4月末)も青森県階上町を通って洋野町に入り、沿岸部を南下した。まず、JR平内駅近くの川尻地区の川尻児童館を視察した。高い防潮堤に守らて津波の被害は受けていないが、少子化の影響のためか現在は閉館となり種市病院の隣の種市保育所に併設されている。その後。種市漁港に2015年7月に開館した洋野水産会館ウニークを視察し、屋上から隣接する稚ウニ養殖施設の復旧を確認した。さらに南下した八木港では大規模な防潮堤の建設工事が進行していた。

それ以降は視察していない。

 

2012年4月27日

2016年4月24日