東日本大震災被災地を訪ねて

岩手県 野田村

【概要】

震災直後(2011年4月末)、翌年(2012年4月末)、2年後(2013年4月末)、3年後(2014年4月末)、5年後(2016年4月末)に視察した。震災6年後(2017年)は視察せず、震災7年後(2018年4月末)、震災8年後(2019年5月上旬)に視察を行った。

野田村は、北は久慈市、南は普代村に接している。三陸鉄道北リアス線の野田玉川駅付近の断崖では津波遡上高は海抜30m近いが、公開されている津波動画(撮影場所は御台場公園)をみると、野田村中心部を襲った津波高は海抜10m程度で、野田村の死者は38名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は久慈市内から国道45号で内陸部を野田村に向かった。陸中宇部駅を過ぎた45号沿いに災害廃棄物(がれき)仮置場が現れ、初めて大量のガレキを目にした。野田村の中心部では人とすれ違うこともまれな「無人のまち」であった。高台の愛宕神社に上ると大鳥居から先は海岸部までが壊滅的被害であることがわかる。また十府ヶ浦の高台からも野田村沿岸部の壊滅的な状況が理解できる。

 

震災翌年(2012年4月末)は2011年と同様に久慈市内から国道45号で野田村に入り、陸中野田駅から野田港に向った。途中、野田村を襲う津波動画が撮影された御台場公園に立ち寄って野田村沿岸部の状況を確認した。その後、愛宕神社近くにオープンしたばかりの仮設店舗、十府ヶ浦の復旧状況、三陸鉄道北リアス線の電車通過、米田川河口付近のガレキ仮置場の分別状況、三陸鉄道北リアス線野田玉川駅裏断崖の津波遡上高、崖下の玉川漁港の状況を視察した。さらに南下し、下安家にて浸水深が海抜15m近い津波で壊滅的な被害を受けながら早期復旧を遂げたサケマスふ化場を視察した。

 

震災2年後(2013年4月末)は久慈市の小袖地区から野田村久喜地区に入った。野田漁港、海岸堤防ともに復旧工事中であった。従来の堤防高は海抜7.8mで新たな復旧堤防高は海抜14.0mである。野田村の中では浄化センターが従来の場所に再建、店舗や住宅も従来の場所で復旧・再建が始まっている。一方、三陸鉄道北リアス線は久慈~田野畑間が復旧しているものの、線路沿いの十府ヶ浦の海岸堤防は未だ復旧していない。米田川付近のガレキ処分は着々と進んでおり、下安家のサケマスふ化場は通常通りの稼働をしている様子である。

 

震災3年後(2014年4月末)は震災翌年と同様に久慈市から国道45号での野田村に入り、港地区のお台場公園から野田村沿岸部の防潮堤嵩上げ工事や、野田漁港の復旧状況を確認した。港地区では復興住宅も入居済みで、野田村全体では大規模な住宅地の嵩上げ工事が始まっていた。なお、町役場や消防施設などは津波で1m程度浸水したが大きな被害はなく、現状で復旧していた。三陸鉄道線路沿いの十府ヶ浦の海岸堤防は復旧工事中であったが、高台の造成はほぼ完了し、米田川付近のガレキ処分は役目を終え撤去されていた。

 

震災5年後(2016年4月末)は、震災3年後と同様に久慈市から国道45号で野田村に入り、お台場公園から防潮堤の工事や嵩上げの進捗を確認した。その後、中心街に移動し、愛宕神社下から伸びる道路沿いに岩手銀行野田支店(2015年7月再開)や、交流施設ねま~る(2016年1月開所)を確認しつつ十府ヶ浦に向かった。十府ヶ浦では高台造成地で住宅が建設され、防潮堤や嵩上げ状況を展望することができる。

震災6年後(2017年)は視察していない。

 

震災7年後(2018年4月末)は、北側のお台場公園側から南に向けて移動した。最初に、お台場公園付近で工事中の防潮堤(1線堤)と早くに完成していた2線堤を視察した。次に十府ヶ浦で沿岸部の防潮堤の全体イメージと、津波記念碑(明治、昭和、東日本大震災)を確認した。三陸鉄道に関しては、米田地区に新たに十府ヶ浦駅ができた。一方、三陸鉄道の海側に線路よりも高い防潮堤(1線堤)があるため、十府ヶ浦駅から野田駅まで列車から海を眺めることはできない。

 

震災8年後(2019年5月上旬)は久慈市から南下して野田村に入り、最初に北部沿岸の防潮堤、陸閘、水門などを視察し、十府ヶ浦へ移動。十府ヶ浦公園やパターゴルフ場を見て、新設された三陸・十府ヶ浦駅を確認した。その後、南下して下安家の現状を確認した。下安家では海側の国道45号、三鉄の内陸側に三陸道の工事が行われていた。

 

2011年4月23日

2012年4月28日

2013年4月27日

2014年4月27日

2016年4月24日

2018年4月28日

2019年5月6日