東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 広野町

【概要】

震災直後(2011年)は訪問していない。震災翌年(2012年4月末)、2年後(2013年4月末)、3年後(2014年4月末)、5年後(2016年4月末)、6年後(2017年4月末)、7年後(2018年4月末)、震災8年後(2019年4月末)に視察した。

 広野町は、北端は広野火力発電所であり、隣の楢葉のJヴィレッジに接しており、2012年5月はJヴィレッジから先が立ち入り禁止であった。南はいわき市に接している。沿岸部はほとんどが断崖で、北迫川と浅見川にはさまれた低地には農地と集落がある。津波は、断崖での遡上高は30m近く、低地の浸水高は海抜10mであるが、広野町全体の死者(直接死)・行方不明者は2名である。なお、北迫川の北側高台には、原発事故での避難は入院患者にとっては過酷であるとの判断で、避難を行わなかった高野病院がある。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は訪問していない。

 

震災翌年(2012年5月初め)は楢葉町のJヴィレッジで折り返し、広野町を北から南へ視察した。まず広野火力発電所に隣接した「汚染廃棄物仮置場」造成工事を視察し、

続いてその南側のガレキ分別作業場を視察した。その後、1kmほど南の北迫川河口部での水管橋の被害と仮復旧現場を、その近くで売地となった津波被災地を視察した。なおこの売地の上に高野病院(原発事故での避難を行わなかった)がある。

 

震災2年後(2013年5月初め)は楢葉町から国道6号で南下し、広野火力に向かった。広野火力近くの災害廃棄物処分場を視察した。その後、JR常磐線広野駅付近の災害復興住宅造成現場に向かった。そこでは遺跡の発掘調査が行われており、その横を広野駅を仮の終点とする常磐線の電車が通過していた。楢葉町以北とは全く状況が異なる。

 

震災3年後(2014年5月初め)は広野火力発電所の横の汚染廃棄物置場を通り、北迫川河口に向かった。北迫川沿いには、原発事故当時に高齢者の広域避難の困難さから避難しないと判断した高野病院および特養花ぶさ苑がある。その後、JR常磐線の折り返し駅となっている広野駅へ向かったが、広野駅付近は食堂も営業を行っていた。広野駅付近では災害公営住宅の造成も進行しており、商工会などの仮設事務所もおかれていた。

 

震災5年後(2016年4月末)は楢葉町から国道6号を通って広野町に入った。広野町役場の敷地に今年の3月6日に開店したイオン(ひろのてらす)に立ち寄り、交差点の反対側の広野中学校の敷地内に今年の4月に開校した福島県立ふたば未来学園を確認した。

 

震災6年後(2017年4月末)は広野駅東側の状況と沿岸部の防災緑地の整備状況を視察した。広野駅に隣接して「広野未来オフィス」ビルが完成、入居企業は震災復興にかかわり企業が多い。沿岸部の規模の大きい防災緑地はほぼ完成しているが、利用者は見当たらない。

 

 震災7年後(2018年4月末)は広野駅東側の開発状況を確認した。事務所ビルの近くにホテルの建設が始まっており、アパート群も完成間近である。

 

震災8年後(2019年4月末)はいわき市から北上し、広野駅東側の開発状況を視察した。広野みらいオフィスやホテルはたごいん広野に加え、原発関係者向けアパート群、病院、ふたば未来学園の学生寮などの施設が続々と完成してきたイメージである。次に5年間の原発避難から帰還した向洋愛生園(障がい者向け施設)を見て、Jビレッジに向かった。

 

2012年5月2日

2013年5月4日

2014年5月2日

2016年4月29日

2017年4月26日

2018年4月21日

2019年4月29日