東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 楢葉町

【概要】

震災翌年(2012年)までは立ち入り禁止で視察していない。震災2年後(2013年4月末)、3年後(2014年4月末)、5年後(2016年4月末)、6年後(2017年4月末)、7年後(2018年4月末)、震災8年後(2019年4月末)に視察した。

楢葉町は、北は福島第ニ原子力発電所で富岡町と、南はJヴィレッジで広野町北端の広野火力発電所に接している。沿岸部はほとんどが断崖で、井戸川および木戸川流域に低地の農地がある。津波は断崖での遡上高は30m近く、低地の浸水高は海抜10m程度と思われる。楢葉町全体の死者(直接死)・行方不明者は13名で、井戸川の南部の集落の方々と思われる。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は訪問していない。

 

震災翌年(2012年4月末)は南の広野町から国道6号を通って楢葉町を目指したが、楢葉町に入ってすぐのJヴィレッジ手前で立入禁止規制を受けた。

 

震災2年後(2013年4月末)は富岡町から国道6号を南下し、JR常磐線竜田駅から沿岸に向かった。木戸川河口部左岸の天神崎スポーツ公園から見た木戸川右岸(前原地区)は大きな被害を受け、橋梁も流されているようである。前原地区に入ると、被災した家屋の撤去は手つかずであった。

 

震災3年後(2014年4月末)は6号線を南下し、まず井出川下流域に向かった。井出川河口付近では大量の消波ブロックが製作されていた。井出川河口は橋梁が流出したままで、汚染土の仮置場が設置されるなど復旧からは程遠い。次に木戸川河口部に向かった。まず昨年同様、木戸川左岸の高台にある天神岬スポーツ公園から全体を把握した後に対岸に渡って視察したが、下流域に大量の汚染土が仮置きされていた。

 

震災5年後(2016年4月末)は富岡町から国道6号を南下し、木戸川橋北の交差点から天神崎スポーツ公園方向に向かったが、国道6号と常磐線の間で規模の大きい災害公営住宅の建設計画が進行していた。ここには従来からあおぞらこども園があるが、その隣に県立大野病院付属ふたば復興診療所が建設されていた。災害公営住宅は敷地の整備が進められており、間もなく住宅建設が始まると思われる。天神崎スポーツ公園は整備が進んでいたが、入園者はまだ少ない状況である。天神崎から見た木戸川右岸(前原地区)は防潮堤工事や嵩上げ工事などが始まったばかりのように見え、汚染物仮置場も広く拡がっており、津波被害を受けた木戸川下流の橋梁も手つかずであった。

 

 震災6年後(2017年4月末)はまず、井出川河口部の復旧状況を視察し、天神崎公園に向かった。途中、コンパクトタウン「笑(えみ)ふるタウンならは」では、復興住宅の建設が始まり、ふたば復興診療所や蒲生歯科医院も稼働していた。従来からあるあおぞらこども園も始まっていたが、子供たちの姿は見えなかった。

 

震災7年後(2018年4月末)は、先ず「えみふるタウン」の建設状況を視察した。商業施設や交流館の完成が近く、住宅建設も進んでいる。しかし、住民の姿は見られない。次に例年通り天神岬を訪れ、その後、楢葉中学校に集約された楢葉北小、楢葉南小、楢葉町役場の仮設店舗を視察した。そこにはいまだに原子力発電政策をたたえる看板が立っていた。

 

震災8年後(2019年4月末)は広野町から北上し、再開した道の駅「はらは」に向かった。道の駅に設けられていた楢葉警察南部臨時庁舎は4月1日で閉鎖し、楢葉警察署本署(富岡町)に移転した。次に、笑みふるタウンの商店街に昨年7月にオープンした交流施設ならはCANvasを視察、木戸川を渡って北田の汚染土壌保管場所をみて、「やぶそば」で昼食を摂った。

 

2012年5月2日

2013年5月4日

2014年5月2日

2016年4月30日

2017年4月25日

2018年4月21日

2019年4月29日