東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 相馬市

【概要】

震災翌年(2012年4月末)と2年後(2013年4月末)、3年後(2014年4月末)、5年後(2016年4月末)、6年後(2017年4月末)、7年後(2018年4月末)、8年後(2019年4月末)に視察した。

相馬市は、北は新地町、南は南相馬市で、沿岸に松川浦を抱える。沿岸部は北から相馬港、原釜集落、松川浦、磯部の集落である。沿岸部の津波高は海抜10mで原釜、磯部の集落に大きな被害が出た。特に磯部地区だけで死者・行方不明者は250人で相馬市全体での460名の半数を超える。なお松川浦は汽水湖であったが太平洋岸の砂州が大規模に決壊している。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は訪問していない。

震災翌年(2012年4月末)は国道6号を通過したのみで南相馬市へ向かった。

 

震災2年後(2013年4月末)は相馬駅近くの宿泊先から松川浦大橋に向かった。

松川浦は汽水湖であったが、太平洋岸の砂州が流出した。港町では松川大橋は通行止めであるが、津波避難場所となった「ホテルみなとや」は営業を再開していた。太平洋に面した漁港施設の被害は大きく、一部、製氷施設や網小屋などの復旧が進められていたが、漁協や魚市場などの復旧は遅く、原釜付近の住宅地の被害も大きい。次に松川浦の中央に近い松川浦スポーツセンターを視察し、沿岸部を南相馬市方向へ向かった。スポーツセンターは松川浦内部のため津波被害が大きくはなく営業を再開していた。スポーツセンターの一角のガレキ集積所も閉鎖されていた。松川浦の新田や大洲~磯部付近は壊滅的な被害である。特に磯部地区の被害が大きく、地区の公民館も門柱しか残っていない。

 

震災3年後(2014年4月末)は県道相馬亘理線で新地発電所から原釜方向に向かった。原釜には原釜地区鎮魂広場に慰霊碑(約250名の犠牲者の名前を記載)が設けられていた。その後、松川浦の港地区を通り、松川浦南部の磯部地区に向かった。磯部地区にも約200名の犠牲者の名前を記載した慰霊碑が設けられていた。次に、沿岸部を南下し八沢浦干拓地に向かったが、防潮堤や排水路護岸、排水機場の復旧も遅く、農地復旧は手つかずであった。

 

震災5年後(2016年4月末)は新地町から沿岸部を南下して相馬市に入った。原釜付近から松川浦大橋方向を一望すると、防潮堤工事(堤防天端高はTP+7.2m)や相馬漁港の再建工事が行われている。相馬漁港では魚市場が再建工事中で、周囲ではグループ補助金で水産加工場が再建している。松川浦を廻って磯部地区に移動すると、観光施設兼水産加工場が完成しており観光客が訪れていた。松川浦の磯部漁港では漁港機能は回復しているが付近の復旧工事はこれからである。南相馬市にまたがる八沢浦干拓では約2kmの防潮堤の嵩上げが完成し、排水機場の復旧工事も進んでいた。

 

 震災6年後(2017年4月末)は、通行が始まった松川浦大橋を渡ってみた。橋を渡ることはできたが、その先の大洲は通行止めが続いている。その後、橋を戻り相馬原釜地方卸売市場の復旧状況を見て、原釜から沿岸を新地町に向けて北上した。

 

震災7年後(2018年4月末)は南相馬から八沢浦干拓を通り相馬に入った。まず、高台の三星化学工業(操業停止中)を視察して北上、2周年目の磯部地区水産物流通加工施設を見て、開通翌日の市道大洲松川線(松川浦の砂嘴上の道路)を通って松川浦大橋を渡り相馬漁港に入った。その後、原釜尾浜海水浴場の復旧および後背地の嵩上げを確認した。その北側の相馬港でJA低温倉庫や鋼材物流センターなどの整備が進んでいた。

 

震災8年後(2019年4月末)は南相馬市から沿岸部を、防潮堤などを視察しながら北上した。

 

2013年5月3日

2014年5月1日

2016年4月29日

2017年4月26日

2017年4月28日

2018年4月22日

2018年4月23日

2019年5月1日