東日本大震災被災地を訪ねて

茨城県 北茨城市

【概要】

震災翌年(2012年4月末)、震災2年後(2013年4月末)に沿岸部を通過したが詳細な視察は行っていない。それ以降は視察していない。

北茨城市は茨城県沿岸部の北端にあり、北は福島県いわき市、南は茨城県高萩市に接する。津波の浸水高は北部の平潟が海抜7mで、それより南は海抜5mで、床上浸水家屋は570棟である。死者・行方不明者は大津漁港地区で6名、北茨城市全体では11名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年)は訪問していない。

 

震災翌年(2012年4月末)と震災2年後(2013年4月末)は沿岸部を南下したが視察は行っていない。

それ以降は視察していない。