東日本大震災被災地を訪ねて

青森県 おいらせ市

【概要】

 震災5年後(2016年4月末)に初めて視察した。それ以外は視察をしていない。

 おいらせ町は、北は三沢市、南は八戸市に接している。津波の浸水高は百石漁港の津波映像から海抜6~8m程度と考えられる。北部の住宅は国道338号に繋がる道路(海岸から500mほど離れた標高20m)沿いにあり被害は少ない。南部の百石工業団地の標高は海抜3m程度で2~3m程度の浸水があったと思われるが、津波避難が成功している。おいらせ町の死者はいない。

 

【視察報告】

震災5年後(2016年4月末)に初めて視察した。三沢市から国道338号を南下しおいらせ町に入り深沢地区の護岸を視察した。後背地の人口が比較的に多い事や百石工業団地に配慮し、しっかりした3面張りの護岸と防潮林で守る構造となっている。ここも松枯れがひどく、大規模な植栽が行われている。

 それ以降は視察していない。

 

2016年4月24日