東日本大震災被災地を訪ねて

岩手県 岩泉町

【概要】

   視察を行ったのは下記の通り。

    ・震災翌年(2012年4月末)

      ・震災2年後(2013年4月末)

      ・震災5年後(2016年4月末)

      ・震災7年後(2018年4月末)

      ・震災8年後(2019年5月上旬)

      ・震災10年後(2021年4月末)

 

岩泉町の沿岸部は、北は田野畑村で南は宮古市、その間の直線にして6kmの狭い範囲で、小本港と、宮古市との境に茂師漁港がある。津波浸水高は小本で海抜8~10mであり、茂師では津波遡上高は海抜25m近くに及ぶが茂師の住宅はほとんどが高台にあって死者・行方不明者は少なく岩泉町全体で7名である。

 

【視察報告】

震災翌年(2012年4月末)は国道45号から小本川河口や小本港に向かった。小本川下流はほぼ壊滅状態で、小本中学校は1階が浸水し体育館が崩壊した。この時中学生は、事前に決められた津波避難所(中学校裏山の神社)は斜面崩壊の危険があり、孤立する心配もあるとの判断で、国道沿いの高台に避難した。

 

震災2年後(2013年4月末)は前年と同様のルートで小本に入った。小本中学校付近で復旧工事が始まっていた。

 

震災5年後(2016年4月末)は国道45号から小本小・中学校の仮設校舎(大牛内分校に設けられている)に向かった。小本小・中学校は震災後に岩泉小・中学校にそれぞれが間借り、2012年1月からは大牛内分校に設けられた仮設校舎、そして本年4月から小本地区の三陸鉄道より内側に新築された新校舎で授業が始まっている。

 

震災7年後(2018年4月末)は、2016年の水害で犠牲者をだした小本川上流の「らんらん」付近の状況を確認した。「らんらん」付近では小本川に堤防がなく、洪水時に危険なことは自明であった。次に小本駅に戻り、駅に併設された複合公共施設(岩泉町小本支所、津波防災センター(兼避難所)、診療所が入った3階建て)を見て、次に小本川河口の水門に向かい、河口付近の状況を確認した。護岸の嵩上げ工事が遅れているように思われる。

 

震災8年後(2019年5月上旬)は、田野畑村から南下して小本地区に入った。最初に国道45号の内陸側にできた小本小学校・小学校・おもとこども園を確認した。海岸からは2kmほど内陸側にあるが、標高は5m程度で小本川に接しており、津波や洪水では避難が必要に思われる。次に小本川河口部付近を視察した。小本川右岸にある宗得寺には明治・昭和の三陸津波の石碑と東日本大震災での浸水位の表示がある。

 

 震災10年後(2021年4月末)は国道45号を通って小本川河口に向かった。小本川河口付近では水門の補修や堤防の嵩上げ工事が終了していた。旧・小本中学校はクリーニング事業者の工場として活用されていた。これからは水門より海側は水産業や事業者、水門から三陸鉄道までは農地や既存住宅、新しいまちは三陸鉄道より内陸側のように、ゾーニングを考慮したまちづくりが継続されるように思われる

 

2012年4月28日

2013年

2016年4月24日

2018年4月28日

2019年5月6日

2021年4月25日