東日本大震災被災地を訪ねて

岩手県 普代村

【概要】

   視察を行ったのは下記の通り。

  ・震災直後(2011年4月末)

      ・震災翌年(2012年4月末)

      ・震災2年後(2013年4月末)

      ・震災3年後(2014年4月末)

      ・震災5年後(2016年4月末)

      ・震災8年後(2019年5月上旬)

      ・震災10年後(2021年4月末)

 

普代村は、北は野田村、南は田野畑村に接している。普代村は海抜15.5mの大水門や防潮堤で村を守っており、死者はなく行方不明者1名である。

 

【視察報告】

震災直後(2011年4月末)は野田村から国道45号で普代村に入った。大水門は普代村の中心部から下流側約1kmにある。津波は海抜15.5mの普代の大水門を越えた20m近いが、浸水は大水門に最も近い小学校手前で止まった。その南にある太田名部地区の防潮堤も海抜15.5mである。津波高は海抜14mで防潮堤を越流しておらず、漁港側は壊滅的な被害がでたが住宅地に被害は全くない。その後、高台にある黒崎地区を通って田野畑(羅賀)に向かった。

 

震災翌年(2012年4月末)も同様に野田村から国道45号で普代村に入り、大水門を経由して太田名部地区の漁業施設の復旧状況を視察し、その後、普代駅に立ち寄った。三陸鉄道は不通(この時点では久慈~野田玉川間が復旧)で普代駅は「道の駅」のような存在で、震災当日の沿岸部の被災写真が掲示されていた。

 

震災2年後(2013年4月末)も野田村から国道45号で普代村に入ったが、まず、三陸鉄道白井海岸駅から白井漁港に向かった。白井漁港の復旧は手つかずであったが、住居はほとんどが高台に住んでおり、犠牲者は出ておらず漁業は再開されていた。白井海岸から国道45号に戻り例年通り、普代大水門や太田名部地区の復旧状況を見た。大水門では和村幸得・元普代村長への感謝を記した顕彰碑が新たに整備されていた。その後は2年ぶりに黒崎地区を経由して田野畑村に向かった。高台の黒崎地区にある黒崎小学校は創立100年を超えるが震災前の平成22年3月に閉校となり、現在は黒崎小規模多機能ホームとなっている。

 

震災3年後(2013年4月末)も野田村から国道45号で普代村に入り、大水門、太田名部地区、普代駅を視察した。大水門の付帯設備(管理橋など)が復旧し、普代駅付近では道路(三陸縦貫自動車道?)が整備されていた。

 

震災5年後(2016年4月末)は、野田村から国道45号で普代村に入り、普代駅、大水門、太田名部地区の順で視察した。普代駅では太田名部地区の方々が水産加工品(スキ昆布)を販売していた。大水門では襲来した津波高(海抜23.6m)が表示されていた。太田名部漁港は通常通りで、人命・住宅を失わなければ復興が早いことを再認識した。

 

震災8年後(2019年5月上旬)も野田村から南下して普代村に入り、譜代の大水門の現状や太田名部の防潮堤の現状を確認した。

 

震災10年後(2021年4月末)も野田村から国道45号を南下した。先ず、テレビの秘境駅にも登場した「しらい海岸駅」と漁港と高台の住宅地を見た。次に普代水門から太田名部に向かった。太田名部では防潮堤の耐震工事が行われていたが、改修工事費は32mの区間で2億7千万円、すなわち堤防12mで1億円、東日本大震災で築造された防潮堤の将来の維持管理費が心配である。なお、普代駅の裏手には三陸縦貫自動車道の普代ICが完成している。なお、太田名部地区の津波到達高は11.6mと表示されている。

 

 

2011年4月23日

2012年4月28日

2013年4月27日

2014年4月27日

2016年4月24日

2019年5月6日

2021年4月25日