東日本大震災被災地を訪ねて

福島県 富岡町

【概要】

   視察を行ったのは下記の通り。

    ・震災2年後(2013年4月末)

      ・震災3年後(2014年4月末)

      ・震災5年後(2016年4月末)

      ・震災6年後(2017年4月末)

      ・震災7年後(2018年4月末)

      ・震災8年後(2019年5月上旬)

      ・震災9年半後(2020年8月下旬)

      ・震災10年後(2021年4月末)

 

  富岡町は、北は福島第1原子力発電所のある大熊町、南は楢葉町と福島第2原子力発電所で接している。沿岸部は、北部は断崖が続き、南部は富岡川から福島第2原子力発電所間の沿岸部低地に農地が広がる。津波高は不明であるが、断崖では福島第一原子力発電所の防潮堤で上がった50m近い水しぶきから考えて遡上高は30m近いと思われる。一方、富岡川から福島第2原子力発電所間の沿岸部低地は、ホテル海遊館の被害状況などから浸水高は海抜10m程度と思われる。富岡町全体の死者(直接死)・行方不明者は24名である。

 なお、2021年3月時点の人口は約12,300人、居住者は約1,600人である。

 

【視察報告】

震災翌年(2012年)までは立入禁止のため訪問していない。

 

震災2年後(2013年4月末)は宿泊地のいわき市から国道6号を通って北上し富岡町に入った。国道6号は、富岡消防署のある交差点から北は、一般車両は立入禁止で、ここで折り返して南下した。しばらくは側道への立入も禁止であった。富岡町役場、文化交流センター、総合スポーツセンターなどは高台にあったため津波の被害を受けていない。沿岸部に向かうと福島第2原発が見通せるところで通行止めとなっていたが、おそらく道路(または橋梁)被害のためと思われる。迂回した先では富岡川の橋梁が落橋していた。富岡川が国道6号と交差する付近では復旧作業者向けのホテルが新規開業していた。富岡町の中央に入る交差点には「創業明治元年 うなぎの押田」があるが、建物の傾きからみて全壊であろう。この付近に津波は到達していないが、古い家屋が揺れによって全壊している。JR常磐線の富岡駅付近は地盤が低く、富岡町で唯一津波により1~2階までの被害を受けた。津波による死者・行方不明者はこの地域に集中していると思われる。ここでは放射能の測定が行われ、沖合には海上保安庁の巡視艇が航行していた。少し南に下って海遊館は被災した状況のままで、周囲もガレキの撤去行われていない。

 

震災3年後(2014年5月初め)は、いわき市から常磐自動車道を北上し、当時の終点である常磐富岡ICで降り、夜ノ森駅方向に向かった。途中、「福祉の里」の表示があるが、特養「館山荘」をはじめ、原発避難を余儀なくされた施設である。次に夜ノ森の桜並木を通り富岡第二中学校や富岡第二小学校を訪れた。放射線量はいずれの学校も1μ㏜を超えており、子供達の帰還には適さない。その後も南下して東京電力・エネルギー館のある富岡中央の交差点に出て、そこから6号線を北上し、双葉警察署前を通って富岡町役場・文化交流センターを視察した。次に昨年と同様のルートで総合スポーツセンターから沿岸部の富岡駅方向に向かった。総合スポーツセンターは昨年と異なり、多量の汚染土が仮置きされていた。富岡駅付近や福島第二原発の手前にあるホテル海遊館付近は昨年と同様に被災した状況のままガレキの撤去行われておらず、汚染土の仮置が増え、放射能観測装置が数多く設置されている。ガレキ処理場もできたが規模も小さく、ほとんど稼働していない。その後は楢葉町に向かった。

 

震災5年後(2016年4月末)は浪江町から国道6号を南下して双葉・大熊は通過して富岡町に入り、富岡消防署北交差点を西に移動し、夜ノ森の富岡第二小学校~富岡第二中学校~桜並木を見てから富岡町の中心街に向かい、今村病院(原発避難時に3名が死亡)を見て富岡駅に向かった。富岡駅はすでに解体され、周辺は汚染廃棄物の仮置場となり、海遊館も撤去されていた。

 

 震災6年後(2017年4月末)は夜ノ森で復旧関連施設を見た後、富岡の中心部から富岡駅方向に向かった。6号沿いの商業施設「さくらモールとみおか」や町立とみおか診療所が営業を開始し、住宅地の建設、常磐線や富岡駅の復旧工事などが始まっている。その後、例年通り福島第二原発の西側から楢葉町へ向かった。

 

震災7年後(2018年4月末)は富岡駅前に完成した富岡ホテルに宿泊した。翌朝は富岡駅から富岡漁港までを散策した。富岡駅では入線する常磐線の電車が見られた。富岡漁港や護岸は復旧工事の真最中と感じられた。その後、住宅建設が進む富岡駅~国道6号間を視察、富岡第1中学校は富岡第1、第2中学校、富岡第1、第2小学校を集めて開校しており、同じ建物にこども園準備室が設けられていた。富岡町の小中学校はここしばらくは、富岡校と三春校の2校体制と思われる。次に夜ノ森に向かい。夜ノ森の現状やJR常磐線の復旧工事状況を見て、介護老人福祉施設の旧・館山荘(現在は三春町で活動中)を確認した。

 

震災8年後(2019年4月末)は楢葉町から国道6号を北上し、昨年11月にオープンした東京電力廃炉資料館(旧・エネルギー館)を視察して、大熊町に向かった。

 

震災9年半後(2020年8月下旬)は楢葉町から福島第2原発の西側を通って富岡町に入った。富岡町で見るべき場所は、富岡駅付近、富岡漁港の再建、町の中心部、帰宅困難区域が縮小された夜ノ森地区、小中高校の状況である。JR常磐線復旧で富岡駅から国道6号線に向かう沿道は原発作業者向けと思われるアパートの建設ラッシュである。富岡漁港の再建工事も大規模に進んでいる。中心部は帰還が可能であるが未だ空き家が目立つ。夜ノ森はJR夜ノ森駅が再開したが、こちらも住民はほとんど戻っていない。夜ノ森の富岡2小、2中はどちらも解体が始まっており、町内の小中学校は富岡1中に集められているが、全校生で10名程度の状況である。また、富岡高校は廃校となりふたば未来学園(広野町)に統合されている。なお、富岡町には双葉・大熊の中間貯蔵施設とは別に、汚染廃棄物の埋め立て処分場が作られているようで、環境省によって「特定廃棄物埋め立て情報館・リプルン」ができているが、富岡町の将来に向けた街づくりの姿ははっきりしない。

 

震災10年後(2021年4月下旬)大熊町から南下して富岡町に入り、夜ノ森駅に向かった。東口前は道路を通ることはできるが住宅入り口は封鎖されている。西口出口前には何もない。その後、富岡第2小学校、第2中学校の解体を見て、周辺の農地の状況を確認しながら(一部の水田で田植えの準備ができているようだ)、さくらモールに向かった。さくらモールからは富岡駅まで新築アパートの建設ラッシュである(おそらく廃炉の作業者用)。次に富岡第1中に向かった。第1中は健在であるが隣の富岡第1小学校は取り壊されていた。富岡町の小中学校は、取り壊しや移転、そして避難先の三春校(2022年には閉鎖予定)があってわかりづらい。現状では富岡第1中と第2中、第1小と第2小の4校が富岡第1中に集まって富岡校と呼び、三春校が来年で閉鎖されて合流すると理解している。続いて富岡駅に向かった。富岡駅南側の跨線橋(新設)が完成して2線堤とつながっており、1線堤と富岡漁港も完成している。1線堤からは福島第2原発が良く見える。海遊館跡地には何も残っていないが、この付近の工事案内看板が同時に6件も掲示されていた(工事が終盤であるため)。

 

 

2013年5月4日

2014年5月2日

2016年4月29日

2017年4月25日

2018年4月22日

2019年4月30日

2020年8月23日

2021年5月3日