東日本大震災被災地を訪ねて

青森県 八戸市

【概要】

視察を行ったのは下記の通り

・震災翌年(2012年4月末)

・震災5年後(2016年4月末)

・震災10年後(2021年4月末)

 

八戸市は、北はおいらせ町、南は階上町に接している。八戸市の沿岸部に広く津波被害がみられる。市街地に近い鮫漁港付近の電柱には「海抜2.5m、実績浸水深2.8m」との表示があり浸水高は海抜5~6m、東南部の種差海岸の天然芝生斜面では中腹部まで到達したとのことで遡上高は海抜10m程度と思われる。八戸市の死者・行方不明者は全体でも2名であり、津波避難も成功していると思われる。

 

【視察報告】

震災翌年(2012年4月末)は八戸から沿岸に沿って北上し五戸川河口に向かった。五戸川河口付近は防潮林が残っており、津波に対しても効果があったとみられるが、今後に備えて防潮堤の強化が進んでいる。沿岸に沿って南下すると、被災した建物が残っているが、津波ヘドロの仮置場があり、八戸港では被災した大型漁船の解体も行われており、復旧が進んでいると思われた。無人に近い地域でも防災行政無線(同報系)が復旧していた。観光地の蕪島も駐車場やトイレが修復され、八戸市南部の種差海岸では子供たちの遠足に出会い、天然芝生でゲートボール大会も開催されていた。種差海岸・南浜漁港は被害が大きく復旧が遅れていたが、近隣の法師浜や大久喜漁港では網小屋も新築され復旧が進んでいた。

 

震災5年後(2016年4月末)は、おいらせ町から沿岸部を南下して八戸市に入った。まず、おいらせ川河口部の市川水産加工団地を訪れた。その後、沿岸に沿って南下し、五戸川河口部、三菱製紙・八戸工場(津波被害を受けて長期に操業停止した最北の工場と思われる。日本製紙・石巻工場と合わせて製紙業界に影響を与えた。)などを経て、国立公園に指定された種差海岸などに向かった。

 

 震災10年後(2021年4月末)は、三郷インターから常磐自動車道を北上し、仙台東部自動車道、三陸自動車道、三陸北道路、八戸久慈自動車道を経て八戸に入った。八戸市の復旧状況は震災5年後に確認しており、今回の視察場所は限られる。先ず東日本大震災で早期復旧を成し遂げた八戸火力発電所の稼働状況を見た。八戸火力は現在は東日本大震災後に設置されたLNGを燃料とする5号機(約42万kw)のみが稼働している。その後、蕪島や種差海岸などの観光地点を見て階上町に向かった。

2012年4月27日

2016年4月24日

2021年4月25日