東日本大震災被災地を訪ねて

青森県 階上町

【概要】

 視察を行ったのは下記の通り。

      ・震災翌年(2012年4月末)

      ・震災10年後(2021年4月末)

 

階上町は、北は八戸市、南は岩手県洋野町に接している。階上町北部の大蛇駅付近の大蛇漁港では国道より山側の住宅も流出しており、沿岸部の浸水高は海抜10m程度と思われるが、死者・行方不明者はいない。

 

【視察報告】

震災翌年(2012年4月末)は八戸市から沿岸に沿って南下し階上町に入った。大蛇漁港付近では住宅被害が大きかったが、階上駅付近は住宅や小学校などが海抜10m以上にあり、漁港を含めて被害は極めて小さい。階上駅付近の沿岸には大きな「三陸津波記念海嘯碑」がある。

 

 震災10年後(2021年4月末)は、八戸市から南下して階上町に入り、今年3月末で閉校となった大蛇小学校の校庭にある石碑や、沿岸の海嘯碑をみて岩手県洋野町に入った。

2012年4月27日

2021年4月25日